教務力アップ研修

2020.02.24

これからの時代は、高校入試担当の先生は5教科全て教えられないといけない。

これが我々の考えです。

そして、その考えのもと、みやうち塾では、5教科全て、高校受験レベルまで教えられるようになることを目標に、研修を行っています。


では、なぜ5教科全て教えられないといけないのか、説明させていただきます。

理由は大きく3つあります。

1、教科の枠を超えて、合格に必要な科目を最適化できる。

例えば、あなたが国語しか教えられないとします。

そのときに、第一志望の判定がD判定の生徒を指導したとします。



その原因は、理科、社会が全くできない。

しかも、入試まであと2月。



さて、あなたならどうしますか?


そのまま国語を教えるという人は、受験を分かっていないなーと思っています。

もちろん、国語を教えることが無駄とはいいませんが、2月でそこまで伸ばすのは難しい。

それに対して、理科、社会は比較的短期間でも伸ばすことができる。


だから、この場合は国語はもうやめて、理科社会に特化して勉強した方が、合格可能性は間違いなく上がります。


でも、国語しか教えられなければ、それができません。

もちろん、他の講師が教えられればいいですが、自分一人でやるより余計な費用もかかってしまいます。

2、教科を超えたアプローチができる

英語でつまずいている生徒の課題が本当に英語なのか。

これは難しいところです。

本当の課題は国語にあるときもあります。

理科の単位がわからない原因は数学にあったり、

社会が覚えられない理由は国語にあるときもあります。

また、理科を勉強することで関数の本質がわかったり、英語を勉強しながら国文法を学ぶことができます。


このように、教科の枠組みに縛られない方が、より本質から理解してもらえると思います。


3、教科複合型の問題への対処


入試制度が改革されて、教化複合型の問題も増えてきます。

ここでも、全教科教えられることが力を発揮すると思います。

理科の問題が英語で出たり、社会だけど統計の知識を使ったり、

これに対応するためにも、5教科学べることは必須です。

そこで、みやうち塾では、5教科学べることができるように、月に一回勉強会を開いています。

・教務力に自信がない
・1教科しか教えられない
・個別指導塾をしているが、人件費がかかりすぎる

そんな方はぜひお問い合わせください。

この勉強会は無料でできます!

BeyondPlaceを導入

BeyondPlaceには、塾の経営に必要なツールが備わっております。
さっそくあなたの塾にBeyondPlaceを導入しよう。

申し込みフォーム